22192942_1402859109762978_1160175952_n.j

CONCEPT

どうしてビニール袋を描くのか

“ビニール袋(ポリ袋)”は私たちの生活の中に溢れています。
何かを入れて持ち運んだり、ゴミを捨てる時に使ったり、何より買い物をすれば付いてくることが今までのスタンダードでした。

 

普通、当たり前のことは無関心に変わっていきます。

人々の生活に寄り添ってきたビニール袋は、やがて“何でもないモノ”になりました。

私はそんな “ビニール袋(何でもないモノ)” に “日常” を投影して作品を作っています。

 

忙しい現代において人々の日常は見過ごされがちです。

日々流れてくる情報は濁流のようで、感情の置き所も曖昧になり、自分も他人もぞんざいにして消費してしまう。“何でもないモノ”が世界には沢山あるように思います。

けれど本当は、想像力を持って周りを見渡せば、“何でもないモノ”なんて一つも無いのだと気づきます。

 

ある日見たのは、ビニール袋が木枯しに吹かれて宙に舞う姿でした。

夜の街頭のスポットライトを浴びて、地面から飛び上がっては落下を繰り返す様は、ダンスを踊っているようで確かに格好良かったのです。

 

そんな何でもないと思われているモノが実は格好良くて、可愛くて、素敵なモノなのだと。
ビニール袋を主人公にして描くことで示し、生活に寄り添っていくことを旨としています。

またもう一つの側面として。

日本で1970年ごろから使われ始めたビニール袋は、近年ポイ捨てによる環境問題、野生動物保護の観点から世界的に問題視されています。

日本でも2020年、誕生から約50年経った今有料化が進み、状況が変化してきました。

“何でもないモノ”はある視点からすると“悪いイメージのモノ”に変わりました。

 

ビニール袋をモチーフに据える作家として、彼らの動向と変化を追い記録し観察していこうと思います。

 

 

中島尚志/Takashi Nakashima

お問い合わせ   | takashi.collection@gmail.com |

  • 中島尚志のinstagram
  • 中島尚志のFacebook